サンシーロで行われたセリエA第2節のインテル対フィオレンティーナ戦。

バルセロナから移籍したばかりのアルトゥロ・ビダルは後半途中からピッチに立ち、フランク・リベリとの旧バイエルン対決も実現した。

37歳になったリベリは83分間のプレーで2アシストを記録。特にすごかったのが、インテルを切り裂いたこのロングスルーパスだ(以下動画2分30秒~)。

スペースに走ったフェデリコ・キエーザにどんぴしゃスルーパス!これぞまさにスルーパスという完璧なボールで得点をお膳立てしてみせた。

【関連記事】「いま最もパスがうまい選手!世界最高のパサー、TOP10」

ただ、フィオレンティーナは終了間際の連続失点により、4-3で逆転負け。

ジュゼッペ・ヤキーニ監督は「ミスをしたらインテルにはやられる。4-2にするチャンスがあったが、ナイーブなエラーでやられてしまった」と嘆いていた。