マンチェスター・ユナイテッドの10番を背負うイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード。

SNS上で積極的に発信を続ける彼はいまやプレミアリーグ屈指の人格者と評価されている。

ラッシュフォードは自らも同じような境遇にあったため、新型コロナウイルスによる学校閉鎖で無償の給食にありつけない子供たちのためにチャリティ団体とともに25億円分の食料を確保するなどした。

そうしたなか、イングランド代表は「コロナ禍にある英国で脆弱な子供たちへの奉仕によって、ラッシュフォードはMBEを授与された」と発表した。

MBEは大英帝国勲章のうち“メンバー(5つあるランクの5番目)”にあたる。ハリー・ケインやヘンリク・ラーションらも授与されたことがあるものだ。

そのラッシュフォードがやった伝説の「2度曲がりフリーキック」がこれ。

これは何度見てもすごすぎ!動画23秒~の映像だと、軌道が異常だったことがよく分かる。

【関連記事】「FIFA21、最もフリーキック精度が高い選手TOP10」

ちなみに、デイヴィッド・ベッカムはOBE(ランク4番目)、アラン・シアラーはCBE(3番目)を授与されている。