先日のリヴァプール戦での危険なプレーが物議を醸したエヴァートン。

サウサンプトン戦でも一発退場者を出し、現地で話題になっている。

レッドカードを提示されたのは、フランス人DFリュカ・ディーニュ。後半28分に相手の足首付近を踏みつけてしまった。

ただ、『BBC』によれば、カルロ・アンチェロッティ監督は試合後にこう述べていたという。

カルロ・アンチェロッティ(エヴァートン監督)

「あのレッドカードはジョークだった。あれは意図的ではないし、間違いなく暴力的ではなかった。

ピックフォードとリシャルリソンに対するこの1週間の話がジャッジに影響したのかもしれない。

もしそうなら、正しくないし、フェアではない。間違いなく我々は控訴する」

判定に不服があるとして、取り消しを求めるようだ。

問題のシーンで、ディーニュはカイル・ウォーカー=ピータースを追走。走りながら、相手の足首に乗り上げるような形になった。

確かにアクシデント的ではあるが…。

ディーニュとカイル・ウォーカー=ピータース

元イングランド代表FWギャリー・リネカーもこのレッドカードへの異議をツイートしている。

【関連記事】 「ライバルクラブのファンだった」スター選手10名

2-0で敗れたエヴァートンはこれで今季初黒星。ただ、いまだリーグ首位に立っている。