アルゼンチンが生み出した稀代の天才、ディエゴ・マラドーナ。

10月30日で60歳になる彼が『France Football』のインタビューに答えている。60歳の誕生日に貰う夢のようなプレゼントを聞かれると、こう述べたそう。

ディエゴ・マラドーナ

「イングランド相手にまたゴールを決められることを夢見るね!今度は右手で」

マラドーナ擁するアルゼンチン代表が2度目の世界制覇を成し遂げた1986年のFIFAワールドカップメキシコ大会。

準々決勝のイングランド戦で生まれたのが、あの「神の手ゴール」だ。

VARがある現在なら絶対にありえないシーン…。

当時は左手でボールを突いたマラドーナは、次は右手で決めたいとジョークを飛ばしていたとか。