オサスナ戦でゴールを決めた後、亡きディエド・マラドーナのユニフォームを掲げたバルセロナFWリオネル・メッシ。

この試合では相手DFを圧巻の「方向転換」で置き去りにするシーンもあったぞ。

ドリブルを極めたメッシの巧みなボールタッチに相手はついていけず…。相手が触れない場所にボールを置き続けているのはさすがだ。

『Eleven Sports』では「こんな方向転換をされたら、おやすみと言って受け入れる(しかない?)」とこのプレーを取り上げていた。

なお、メッシに置き去りにされたファクンド・ロンカグリアはアルゼンチン人である。

【写真】 美の暴力…サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名を選んでみた

ただ、メッシは得点後にユニフォームを脱いだことでイエローカードを提示されたほか、罰金も科される見込み。ロナルト・クーマン監督は「彼がトリビュートを用意していたことは知らなかった。素晴らしい行動だった」と述べていたそう。