アーリン・ホーランやキリアン・エムバペら大物FWの獲得が噂されるレアル・マドリー。

もしエムバペを獲得した場合にはエデン・アザールが“終焉”になりうると、『AS』が伝えている。

2019年に1億ユーロ(128億円)の移籍金で加入したアザールだが、怪我がちで本領を発揮できていない。

それだけに、エムバペ加入はアザールにとって“終了宣告”になるうるとのこと。その大きな理由はポジション。

エムバペはPSGのマウリシオ・ポチェッティーノ新監督とポジションについて話し合った際に右ウィングでのプレーを拒否したそう。また、自分はセンターフォワードとしてのポテンシャルを失っており、理想的なポジションは左ウィングだと述べている。

【動画】これは反則級!エムバペ、左サイドを切り裂いた非道テク

アザールも左サイドを主戦場にしていることから、影響を受けるのは必至とのこと。また、エムバペが加入した場合にはアザールだけでなく、マルコ・アセンシオやヴィニシウス・ジュニオールらも退団しうるというが…。