ジョゼ・モウリーニョ監督を電撃解任したトッテナム。29歳のライアン・メイソンを暫定監督に据えた新体制初戦でサウサンプトンを2-1で撃破した。

前半に先制されたものの、ギャレス・ベイルとソン・フンミンのゴールで逆転勝利。『football.london』によれば、メイソン監督はベイルについてこう述べていたそう。

ライアン・メイソン(トッテナム暫定監督)

「その選手が何者であるかや、何を成し遂げたかは関係ない。どんな選手も自信を持ってプレーし、直感的に行動できる自由を持っている必要がある。

ギャレスはワールドクラスだ。今でもね、年齢や様々なことは関係ない」

ベイルは今でもワールドクラスとしつつ、自信を持ってプレーすることの重要性を説いてもいたようだ。ちなみに、ベイルは31歳。

【動画】これがワールドクラス!31歳ベイル、セインツを粉砕した美シュート

ベイル擁するトッテナムとマンチェスター・シティが激突するカラバオカップ決勝は日本時間26日に行われる。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら