先日ジョゼ・モウリーニョ監督を解任することを決定したトッテナム・ホットスパー。

その後ライアン・メイソン氏を暫定監督に任命して戦っているが、ダニエル・レヴィ会長は今季中にも正式な指揮官を招聘する方針であると伝えられていた。

その候補としてはRBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマンが最初に浮上していたが、その数日後にバイエルン・ミュンヘンとの契約を結んでいる。

つづいてレスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督と接触したと伝えられたが、こちらにもあっさりと断られてしまった。

そして今回、第3候補として用意されていたアヤックスのエリック・テン・ハーフ監督と交渉することが決まったとのことだ。

ダニエル・レヴィ会長は直接テン・ハーフ氏と会談を行うことを希望しており、来季に向けて契約を結ぶことを検討するそう。

【写真】トッテナムが「激安」で買えた大物ベストイレブン

エリック・テン・ハーフ氏はアヤックスとの契約が来季限りとなっており、違約金が安くなるタイミングでチームを離れたいと考えているとのこと。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら