2020年1月にインテルに移籍したデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン。

トッテナム時代のような活躍ができず、一時は放出不可避とされていたが、アントニオ・コンテ監督のもとでこれまでよりも低い位置でのプレーに順応し始めた。『Gazzetta dello Sport』のインタビューで彼はこんな話をしていたそう。

クリスティアン・エリクセン(インテルMF)

「インテルに加入するまでは勝つことが難しかった。僕はキャリア最高の時を生きてるかもね。

加入した時、新たなことを学ぶつもりだった。でも、常にコンテのシステムに従わなければいけないことは理解していなかったんだ。

それまでの僕は自分が目にしたものに基づいて自由に決断することができた。かなり直感的だった。

今は自分達が従う必要のある基本的なプランがある。チームメイトがどこにいて、彼らがどこに動けるのか、準備ができていなければいけない。

これら全てを学び、これまでとは違うペースに適応しなければいけなかったんだ。

僕がリベンジする必要はない、ただサッカーをプレーしているだけさ。うまくいくこともあれば、いかないこともある。

サッカーは急速に進化するスポーツだ、ほぼ毎週ね。

半年前は違う状況に置かれていたけれど、今はトロフィーも手にしたし、インテルで本当に幸せだと言えるよ」

これまでは自分の直感に頼った自由なプレーが許されていたというエリクセン。

【動画】復活のきっかけ?!エリクセン、ミランを絶望させた超フリーキックゴール

コンテ監督のもとでは選手たちが従うべきプランがあり、それに順応するために時間がかかったと明かしていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら