世界最高峰のクラブに君臨してきたレアル・マドリー。彼らが0円で獲得した選手たちをまとめてみた。

ダヴィド・アラバ

ダヴィド・アラバ

2021年 バイエルン⇒レアル・マドリー

最終ラインに中盤までこなせるスーパーユーティリティとして重宝されてきたオーストリア代表DF。

431試合に出場したバイエルンとの契約満了に伴い、レアル移籍を決断した。背番号はセルヒオ・ラモスがつけていた4番に決定。父親が移籍の理由は金ではないと語ったことも話題に。