かつてアヤックスやレアル・マドリー、インテル、ミランなどで活躍したオランダ代表MFクラレンス・セードルフ。

2014年にミランから監督就任の要請を受けて現役引退したあとは、中国の深圳紅鑽、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、そしてカメルーン代表を指揮した。

2019年のアフリカネイションズカップで敗退してからはどこのクラブも率いておらず、イベント出席や番組出演でその姿を見ることができる。

その一方、現在45歳という年齢ながらも激しいトレーニングを続け、みごとな肉体を保っていることでも有名だ。

ムキムキというわけではないが、この締まった肉体!

【動画】チャンピオンズリーグを異なるクラブで3回優勝したセードルフ。今なおその記録は破られていない

6ヶ国語を話す秀才で、、自分にも仲間にも厳しいと言われるセードルフ氏。古巣ミランへの愛を常に明かしており、今季のチャンピオンズリーグでの戦いにも目を光らせているはずだ。