UEFAチャンピオンズリーグ初戦でバイエルン・ミュンヘンに0-3で完敗したバルセロナ。

2-8で敗れた因縁の相手にリベンジを狙ったが、返り討ちにあってしまった。

『La Sexta』や『Antena 3』で働くジャーナリストのマリア・ガリード氏によれば、バイエルンGKマヌエル・ノイアーはこんな話をしていたそう。

マヌエル・ノイアー(バイエルンGK)

「バルサが改善したいなら、コウチーニョをもっと入れるべきだ。

投入された彼がゴールを狙ってきた時に私はより脅威を感じた。

彼のことはよく知っているし、その才能も分かっている。

バイエルンでチームメイトだったし、練習でも対戦したからね」

ノイアーがもっと起用すべきと指名したのは、2019-20シーズンはバイエルンでプレーしたフィリペ・コウチーニョ。そのコウチーニョはバイエルン戦の後半21分にルーク・デヨングとの交代で投入された。

【動画】クラブ史上初の屈辱…バルサ、バイエルンにボコられた失点シーン

ノイアーは彼がいたほうが恐かったと感じたようで、もっと使うべきと提言していたようだ。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら