今シーズンがスタートしたばかりであるが、すでにバイエルン・ミュンヘンが独走状態となっているドイツ・ブンデスリーガ。

ユルゲン・ナーゲルスマン監督をRBライプツィヒから引き抜いたチームは、すでに5試合で4勝1分けと好調なパフォーマンスを見せ、先週末はボーフムを相手に7-0と勝利している。

【動画】もはや誰も止められない!浅野拓磨所属ボーフムを7ゴールで撃破したバイエルン・ミュンヘン

過去10年間で9回の優勝を果たしているブンデスリーガは、まさにバイエルン・ミュンヘンの一強状態。

かつてレヴァークーゼンでマーケティングディレクターを務めていたヴォルフガング・ホルツハウザーは『Spox』に対して以下のように話し、プレーオフを導入したほうがいいと提案した。

ヴォルフガング・ホルツハウザー

「フォーマットの変更は、ファンにとってはとても重要で輝かしいものになるだろう。

私は、ブンデスリーガにノックアウトラウンドを導入したほうがいいと思っている。

レギュラーシーズンでトップ4に入ったクラブが優勝を争うトーナメントに臨む。1位と4位、2位と3位が対戦し、勝者が決勝戦に進む」
久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら