12日に行われるカタールワールドカップ・アジア最終予選、日本対オーストラリア。

サウジアラビア戦を落とし、早くも2敗を喫してしまった日本代表、そして森保一監督にとっては、非常に大事な一戦となる。

この試合はテレビ朝日系で中継されるが、今予選を全試合配信するDAZNでもライブ配信される。

しかも、こちらはゲスト解説として、岡田武史氏が登場!

“この状況”で、日本代表監督を「代打」で2回引き受けたことのある岡田氏登場は何とも言えないタイミング。もちろん偶然なのだが、試合を観ながら岡田氏の口からどんな言葉が発せられるのか今から気になってしまう(※岡田氏自身はすでにS級指導者ライセンスを返上)。

ちなみに、実況は西岡明彦氏、解説は戸田和幸氏が務めるぞ。

また、裏で同時配信される好評の「裏チャンネル」には、中村憲剛氏、岩政大樹氏、矢部浩之氏が出演。

会場にDAZN専用特設カメラ(戦術カメラ)を設置して、ゴール裏から俯瞰した映像と、一画面で複数の映像を同時に視聴できるマルチビューを駆使し、こちらも今までにないサッカー視聴体験となっているのでオススメだ。

さらに、キックオフ直前には、元日本代表の福西崇史氏、MC黒木ひかり氏による試合直前プレビューがDAZN JapanオフィシャルInstagramにてライブ配信。

キックオフ1時間前の18:00から試合の雰囲気をたっぷり楽しむことができる。

【関連記事】指揮官交代なら!10名の「評価が高いフリーの監督」

いよいよ迎える、運命のオーストラリア戦。試合は10月12日(火)の19:10にキックオフされる予定だ。

苦しい状況だからこそ、真価が試される。頼むぞ日本代表!

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★