サッカー界屈指のゲーマーとして知られてるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

古巣アトレティコ・マドリーに復帰した彼は、EA Sportsの最新作FIFA22でこんなチームを組んでいるようだ。

アイコン(レジェンド選手)が7人も!それ以外はアトレティコの同僚であるマルコス・ジョレンテとヤン・オブラク、そして、バルサ時代のチームメイトであるウスマヌ・デンベレで固めている。

そして、自分のこともゲーム上で使っているようだが、ポジションはまさかのセンターハーフ!

彼の初期設定ポジションはST(ストライカー)なので、ST⇒CF⇒CAM⇒CHとポジション修正カードを3回も使ってコンバートさせたようだ(画像内のポジション表記はフランス語バージョン)。

また、ベンチにレアル・マドリーFWギャレス・ベイルを置いていることも話題になっている。

【動画】グリーズマン、バルセロナで味わった赤っ恥シーン

ちなみに、グリーズマンの能力詳細はこんな感じ。

グリーズマン、FIFA22での能力設定

総合値は85になったが、特性は「高精度シュート、華麗な身のこなし、ロングシューター(AI)、プレイメーカー(AI)、アウトカーブ、チップシュート(AI)、ドリブル技術(AI)」とかなり多め。

そういえば、前作までのアルティメットモードでは、有名選手本人に能力値が99にブーストされた特別カードが贈呈されていたはずだが、今作ではないのだろうか…。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら