ワールドカップアジア最終予選で厳しい戦いを強いられている日本代表。7日に行われたサウジアラビア戦にも0-1で敗れてしまった。

JFAが公開した映像では、9日の練習前に森保一監督と反町康治技術委員長が選手たちに熱いメッセージを伝えるシーンも。

反町さんは「火事場の馬鹿力を出すしかない状況になっている」としつつ、最後は拳を叩いて「いこうぜ!」と声をかけている。また、森保監督はこんな言葉を選手たちに伝えていた。

森保一(日本代表監督)

「ワールドカップ出場に向けても、俺は必ず行けると思ってるんで、そこのところは全く揺るぎはない。

我々がやるべきことをやり続ければ、ワールドカップに絶対に出たいという気(?)を持って、我々がその目標を諦めなければ、願い続けて、準備し続ける、戦いをし続ければ、必ず残り7試合、我々が最後に出場権を掴み取って、ワールドカップに向かっていけると思っているので。

で、その先の目標にまた向かっていけるというところには全く自分のなかで自信に揺らぎはないし、それだけいい選手は揃っているし、日本って強いって俺は絶対的に思っているんで、そこをみんなで気持ちをひとつにして、やっていければなと思っています。

チームのために、日本サッカーのために、そこが全てなので、みんなでまた頑張っていければなと思っています」

厳しい状況に追い込まれているものの、絶対的な信頼は揺らいでいないと伝えていた森保監督。

【動画】これが森保という漢!現役時代の衝撃ミサイルシュート

もう絶対に負けられないオーストラリア戦は本日、埼玉スタジアム2002で行われる。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら