今季バルセロナに加入したセルヒオ・アグエロだが、不整脈を起こした心臓の経過観察のために3か月離脱することになった。

そうしたなか、バルサはCLでディナモ・キエフと対戦。値千金の決勝ゴールを決めたのは、先日19歳になったばかりのアンス・ファティ。彼はこんなゴールセレブレーションをしていた。

これはアグエロがやるゴールセレブレーションだ!

『SPORT』によれば、ファティ本人も「ああいうことがあったので、クンにゴールを捧げました。できるだけ早い回復を願っています。この勝利は彼のためです」と語っていたそう。

UEFAはこの試合のマンオブザマッチに選出したファティを「非常に重要なゴールを決めた。ファイナルサイードで常に何かを生み出そうとしていた」と賞賛。

【動画】久保ともプレーした神童ファティ、カンテラ時代の変態ゴール

また、セルジ暫定監督も「このクラブにとって重要な日に彼は自分ができる全てを見せつけた」と讃えていたそう。