セリエAのジェノアはアンドリー・シェフチェンコ新監督と2024年6月末までの契約を結んだと発表した。

現役時代にはバロンドールも受賞した同氏は45歳。今夏のEURO後にウクライナ代表監督を退任していた。

現在17位と低迷するジェノアはここまで1勝と苦しんでおり、ダヴィデ・バッラルディーニ監督を解任したばかり。

【動画】神時代のシェフチェンコ、インテルを粉砕した弾丸ミドル

また、プレミアリーグで16位に低迷するアストン・ヴィラもディーン・スミス監督を解任。

『Telegraph』によれば、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンフットル監督とレンジャーズのスティーヴン・ジェラード監督が後任候補に浮上しているそう。