世界最高峰の守備的MFとしてレアル・マドリーを支えてきたブラジル代表カゼミロ。

『ESPN』のインタビューに答えた彼は「モドリッチとクロースとプレーするのは特権。自分は並外れた2人とプレーしたんだと孫に語り聞かせるだろうね」などと述べた。

また、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテについてはこう話していたそう。

カゼミロ

「(カンテかカゼミロか、どっち?)

カンテは並外れた選手だけど、チェルシーではより自由度の高い違うポジションでプレーしていることを思い出してほしいね。(チェルシーの)守備的MFはジョルジーニョだ。

セルヒオ・ブスケツやファビーニョら守備的MFとして最高レベルのプレーをする他の選手たちも忘れちゃいけないよ。

でも、自分は最高のひとりとして挙げられているだけで嬉しいけどね。もっともっと進化し続けたい」

現在のカンテがプレーしているポジションと状況をしっかりと把握していたカゼミロ。自分との比較はやや的外れだと指摘していたようだ。

【動画】もはや守備職人じゃない!NEWカンテの電撃アタックシーン

海外のファンたちも「カゼミロはカンテのことを守備的MFだと思っている95%のサッカーファンよりもよく分かってる」と反応していた。