バルセロナで欠かせぬ戦力になりつつある弱冠17歳のガビは、スペイン代表でも存在感を放っている。

ギリシャとのワールドカップ予選に先発すると、顔面を痛めて交代するまで65分間プレーした。『ESPN』によれば、ガビのパス成功率は100パーセントだったそう(43本全て成功)。

0-1で勝利した試合後、スペイン代表のルイス・エンリケ監督は「ガビはビーストだ。(頭を打った影響で)二重に見えると言っていたが、それでもプレーしたがった。頬骨が腫れ、目はよく見えていなかったが、問題はない」と驚嘆していたという。

【動画】これは本物!神童ガビ、バルサでのうますぎシーン

なお、この試合はスペインがポゼッション73パーセントと押し込む展開で、パス数でも319対840と圧倒した。

本日の男女代表戦は17:00と19:10から!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら