今季PSVからユヴェントスに移籍したモハメド・イハターレン。

19歳の天才はサンプドリアに即レンタルされたものの、いまだに1分たりともプレーしていない。クラブと音信不通になっており、引退するのではないかとも報じられた。

『ED』によれば、そのイハターレンがエージェントを変更したという。

大物代理人ミーノ・ライオラとの関係を解消し、アリ・ドゥルスンの事務所に加わったとのこと。

同氏の「HCM SPORTS MANAGEMENT」はフレンキー・デヨングやドニー・ファンデベーク、ヴィクトル・リンデレフ、マルティン・ブレイスウェイトらを顧客に持つ。ドゥルスンはイハターレンには再スタートするチャンスがあると信じており、その手助けをしたいと考えているという。

【動画】引退!?天才イハターレンのアウトサイドでのマジカルパス

イタリア語をうまく話せかった彼は孤独を感じていたそうで、もはやサンプでプレーする可能性はない模様。1月に新たなローン先を見つけることになるようだ。

当面は休息したうえで、パーソナルトレーナーと練習を始めることが最初のステップになるとも。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★