チェルシーのGKエドゥアール・メンディは、マンチェスター・シティのDFバンジャマン・メンディと間違えられたことに激怒したようだ。

シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディは、8月に4件のレイプと1件の性的暴行事件を起こしたとして逮捕された。

さらに16日には今年7月と8月に行われたとされる2件のレイプ事件に関与したとして再逮捕され、大きな話題になった。

問題はその事件を報じたときのメディアであるという。

エドゥアール・メンディは自身のInstagramストーリーに事件を報じる『Le Parisien』や『RFI』などのメディアの写真を掲載。

その写真はバンジャマン・メンディではなく、なんとエドゥアール・メンディや彼のいとこであるフェルラン・メンディ(レアル・マドリー)が使われているものも…。

そのストーリーで、エドゥアール・メンディは以下のようにコメントしている。

エドゥアール・メンディ

「2021年に、フランスとイギリスの一部の人にとって、黒人は『はっきりとした名前も顔も持っていない』ものであるのを見て悲しく思うよ。

これらの写真の間違いは逸話的なもののように見えるが、実際のところは全く逆で、象徴的なものだよ。

サッカーをしている時の写真なら、ユニフォームを見ればわかるじゃないか!その顔を区別することはそれほど複雑ではないだろう」

他のメンディと間違えられるならまだしも、レイプ犯として逮捕されたメンディと間違えられたことで怒りが頂点に達していたようだ…。

【写真】チェルシー新ユニ、なんと「シティ選手」の名前で一瞬買えた

なお、彼が所属しているチェルシーでも、今年新ユニフォームを発売した際にオフィシャルショップで「バンジャマン・メンディ」と名前を入れられるようになっていた。