ブンデスリーガ10連覇を目指している絶対王者バイエルン・ミュンヘン。

今季は初戦にいきなり引き分けたものの、首位の座をキープしている。

第13節ビーレフェルト戦に1-0で勝利し、ブンデス記録を樹立した。

Optaによれば、バイエルンは2021年のリーグ戦で102ゴールを記録しており、1977年のケルンを抜いて、ブンデス史上最多得点記録を打ち立てたとのこと。

歴代最多得点4つのうち3つはバイエルンの記録だとか。年内のリーグ戦はまだ4試合あるので、記録はまだ伸びそうだ。

なお、今季のバイエルンは13試合で42得点を記録。当然ながら、リーグ断トツの得点数である。

ただ、ユリアン・ナーゲルスマン監督は「常に3~5ゴールを決める必要はない。1点で十分なこともある」と述べていた。

【動画】奥川も絶望…バイエルンFWサネの無慈悲鬼ミドル

来週には、得点数でも順位でも2位につけるドルトムントとの直接対決が控えている。優勝争いを左右する一戦だけに大きな注目を集めそうだ。

本日の男女代表戦は17:00と19:10から!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら