先日、ラルフ・ラングニック監督の就任が発表されたマンチェスター・ユナイテッド。

ただその監督としての契約については今季限りで、来年夏からラングニック氏はコンサルタントとしてチーム全体の統括を行う立場となる。

では来季の監督はどうなるのか?という点が話題になっており、さまざまな名前がメディアを賑わせている。

『Telegraph』によれば、マンチェスター・ユナイテッドが狙っている監督の1人がロベルト・マンチーニであるという。

かつてマンチェスター・シティを率いていたことでも知られるマンチーニ氏は、現在イタリア代表監督を務めている。

ただ現在ワールドカップ予選でグループ2位となってしまい、プレーオフでの戦いを余儀なくされている。

マンチェスター・ユナイテッドはもし彼がワールドカップへの出場を逃した場合、監督としての就任を要請することを考えているようだ。

【写真】ラングニックの哲学を表す「13名の言葉」”足よりも、心を速くせよ”

なお、他にもマウリシオ・ポチェッティーノ(PSG)、エリック・テン・ハーフ(アヤックス)、そしてブレンダン・ロジャーズ(レスター・シティ)も検討されているとのこと。