セリエA第16節、ローマはホームでのインテル戦に0-3で敗れた。ジョゼ・モウリーニョ監督は古巣相手に完敗。

『Sky』によれば、そのモウリーニョ監督は主審への皮肉も込めたコメントをしていたそう。

ジョゼ・モウリーニョ(ローマ監督)

「新型コロナや怪我人など我々の状況は非常に限られていた。

普通の状況でも、昨季のインテルは我々よりも29ポイントも上回っていた。

通常でもインテルは我々より強いので、(こういう状態なら)はるかに強い。

攻撃の可能性がほとんどので、わずかなチャンスを仕留めることが非常に大事だった」

「レフェリーはよくやったよ。彼は結果に影響を及ぼさなかった。

唯一足りなかったのは、(ローマMFブライアン・)クリスタンテへのイエローカードだ。

我々はセリエAで最も規律がない(警告が多い)チームであり、カードの記録が信じられないほどだからね。おめでとう、インテル」

この試合でローマは3枚のイエローカードを受けている。モウリーニョはクリスタンテにも出すべきだったと皮肉をぶつけていたようだ。

【動画】モウリーニョ唖然?チャルハノールのCK直接ゴールシーン

なお、ジュゼッペ・パストーレ氏によれば、モウリーニョのチームが前半に0-3でリードされるのは初めてのことだったとか。

本日の男女代表戦は17:00と19:10から!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら