昨季のUEFAチャンピオンズリーグで優勝を飾ったチェルシー。

謙虚で知られるエンゴロ・カンテが、チームメイトたちも驚く仰天の予言をしていたようだ。

GKエドゥアール・メンディは、『beIN SPORTS』のインタビューでこんな話をしていたそう。

エドゥアール・メンディ(チェルシーGK)

「シーズン最高の逸話があるんだ。

自分はエンゴロ、クルト(・ズマ)、オリヴィエ(・ジルー)と一緒に移動していた。

その時、エンゴロが自信満々で言ったんだ。

『みんな、今年は僕らがCLで優勝すると思う。分からないけれど、そんな気がするんだ』ってね。初戦でだよ。

僕は今日の試合がどうなるかを待とうと彼に伝えたんだ。

正直、あのセビージャ戦はグループステージで一番難しい試合だった。

彼らは狂ったようにプレッシングしてきたし、ポゼッションも70パーセントはあった。

エンゴロは13キロは走ったと思う。

試合後に彼にもう一度聞いたら、『それを口にする前に少し待とう』と言っていたよ」

カンテはセビージャとのグループステージ初戦を戦う前にCLで優勝できると予言していたとか。

【動画】実は預言者だった!?カンテ、デブライネを潰した神ディフェンス

敵地での初戦は0-0の引き分けだったが、チェルシーは無敗でグループステージを突破すると、そのまま優勝へと突き進んでいった。