プレミアリーグの11月月間MVPに選出されたリヴァプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド。23歳の新鋭は今季すでに2桁アシストを記録している。

彼はサッカーゲーム『FIFA22』で、最も能力が高い右サイドバックになっている(通常バージョンで87)。

ただ、本人的にはいくつか不満があるようだ。プレミア公式動画で、笑顔を交えつつ、過小評価されている能力について指摘していた。

左がゲーム上の設定、右が本人の希望する値。

スピード:79→84

シュート:68→72

パス:88→88

ドリブル:80→80

ディフェンス:80→83~84

フィジカル:72→80くらい

パスとドリブルの値に不満はないが、スピード、シュート、ディフェンス、フィジカルはもっとあってもいいと考えているとか。

(以下動画:4分50秒から~)

【動画】リヴァプールDFアーノルド、南野に捧げた絶品アシストシーン

なお、ゲーム上には強化されたバージョンもいくつか登場しており、プレミアリーグの月間MVPバージョンはこんな感じ。

サッカーゲームは過小評価!?リヴァプールTAAが思う自分の能力設定値

総合値は89になっており、かなり強い。ただ、本人的にはまだフィジカルあたりに不満がありそうだ…。