この冬にフェラン・トーレスをマンチェスター・シティから獲得したバルセロナ。

入れ替わるようにフィリペ・コウチーニョをアストン・ヴィラへローン放出した。

『TNT Sports』によれば、バルサは中国から補強を狙っているという。

ターゲットとされているのは、上海海港に所属する元ブラジル代表MFオスカル。かつてチェルシーでもプレーした彼は30歳になった。

【動画】天才オスカル、チェルシーでやった衝撃の神ゴール

今年に入ってから接触があったというが、バルサは財政的に厳しい状況にあるため、交渉は難航しているとのこと。

オスカルと上海との契約は2024年まであるが、バルサの経済状況的には実質的に“0円移籍”しか道はないとも。