提携先であるグラスホッパーで活躍していた川辺駿を獲得したウォルヴァーハンプトン。

彼らはバルセロナで苦しむ元神童の引き抜きも狙っているようだ。

『A Bola』によれば、ウルヴスはバルサMFリキ・プーチをターゲットにしているとのこと。

カンテラ上がりの22歳であるプーチは将来を嘱望されてきた逸材。クーマン監督から干された彼はチャビ監督のもとでもMF陣のなかで序列が最下位になっている。

バルサとの契約は2023年まであるが、ウルヴスは買取オプション付きのローン移籍を狙っているとか。

【動画】安部裕葵と仲良し!天才プーチの魔法シュート

ちなみに、日本では「Puig」の名前表記に揺らぎがあるが、本人の発音はこの通り。

プッチではなく「プーチ」だ。