27日に中国代表とのワールドカップ予選を控えている日本代表。今回はホームでの2連戦ということで勝利が求められるスケジュールとなっている。

日本代表チームは昨年行われたオーストラリア戦から新たに4-3-3のフォーメーションを採用し、結果を残してきている。

【動画】4-3-3で挑み勝利を収めたオーストラリア戦

しかしその中、エースであった南野拓実がトップ下から左サイドに移ったことで存在感がやや減っているという指摘も。

今回その彼が日本代表の記者会見に出席し、自身のポジションについて以下のように話していた。

南野拓実

「システムが代わってからゴールに向かっていくポジションも変わりました。その中で、効果的にチームに関わる部分や、自分がゴールに近づく回数は少なくなっているかもしれません。

ただ、その中でどのように連携して得点につなげていくかというのが自分の課題だと思いますし、チームが求めているそういう部分を今回改善してゴールを取りたいと思います。自分ができることをやっていきます。

ポジションについては相手にもよりますし、状況にもよります。

自分のやりやすさというよりは、まずは大前提としてチームが求めるポジション、チームが求める仕事というのをやった上で自分の特徴を出すことを考えています。

もしかしたら真ん中の位置からゴールに向かうほうが自分はやりやすいと感じることもあるかもしれないですが。

ただ、どんなポジションからでもゴールに絡んでいくプレーというのは自分の強みでもありますし、それを出してチームに貢献することが求められていると思います」