マンチェスター・シティが、リーベル・プレートからアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスを獲得するようだ。

ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の報告によれば、両クラブは今回取引に合意したとのことで、5年契約を結ぶことが確実になったという。

移籍金はおよそ1790万ポンド(およそ20.5億円)+パフォーマンス関連のボーナスになると伝えられており、さらに半年間はリーベル・プレートにローンで残ることになるとのこと。

フリアン・アルバレスは2000年生まれの21歳。リーベル・プレートの下部組織で育成されたストライカーだ。

今シーズンのアルゼンチンリーグでレギュラーを奪取し、35試合に出場して20ゴールを決める活躍を見せたことで注目を高めていた。

まだクラブレベルでは1シーズンの活躍に過ぎないものの、アルゼンチンの年代別代表での実績は豊かで、U-20~23の主力の1人であった。

【写真】日本と対戦するアルゼンチン、国内の「まばゆい天才若手」10名

さらに昨年はアルゼンチンのフル代表の一員としてコパ・アメリカの優勝メンバーにもなっており、どこのクラブへと移籍するのか注目されていた。