英国政府は木曜日、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏の資産を凍結することを発表した。

ロシアのウクライナ侵攻を受けての措置であるが、チェルシーはこれによってクラブの売却が不可能になり、全ての商売が禁じられることに。

特例によって試合自体は行えるものの、スタッフや選手には給与を支払わなければならず、新しいチケットも販売できないという状況だ。

『Mirror』によれば、解説者のジェイミー・キャラガーは「マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーのトゥヘル監督を引き抜くべきだ」と語ったそうだ。

ジェイミー・キャラガー

「トーマス・トゥヘルも、スタンフォード・ブリッジの他の皆と同じように、現在のクラブの将来がどうなるかが分からない。

クラブの売却が保留されていることを考えれば、チームが来季の初めにどんな構成になるのか、誰もトゥヘルに保証できない。

このような不安定な状況のなかで働きたいと思う監督はいない。マンチェスター・ユナイテッドのような名声あるクラブに行くチャンスが有れば、彼は受け入れなければならないだろう。

マンチェスター・ユナイテッドは彼に安定を提供し、あらゆる監督が持つ願望を後押しすることができる。

それはチェルシーの危機を利用した略奪的な動きのように見えるかもしれないが、マンチェスター・ユナイテッドとトゥヘルの利害からは、考えれば考えるほど簡単な道だ」

マンチェスター・ユナイテッドは現在ラルフ・ラングニック監督に率いられているが、彼は今夏コンサルタントに異動することが決定しており、新しい指揮官を探さなければならない。

【写真】アブラモヴィッチ時代のチェルシー、最高の10選手

マウリシオ・ポチェッティーノ(パリ・サンジェルマン)やエリック・テン・ハーフ(アヤックス)らが候補とされているが、今のところ具体的な動きは報告されていない。