12日に行われたJ1リーグ第4節、湘南ベルマーレ対京都サンガF.C.の試合は1-1の引き分けという結果となった。

前半はホームの湘南がシュート5本、京都がシュート0本という内容だったが、後半に先制を果たしたのは後者。カウンターから裏に抜け出したピーター・ウタカがファーストチャンスを生かしてゴールを決めた。

しかしその後湘南が盛り返し、71分には同点ゴールを奪取。途中出場の杉岡大暉からのクロスを町野修斗がシュートに持ち込み、試合を降り出しに戻した。

【動画】湘南ベルマーレに同点ゴールをもたらした町野修斗の「ニンジャ」

その際に見せたゴールパフォーマンスについて、町野修斗は試合終了後のフラッシュインタビューで以下のように話していた。

町野修斗

「杉岡選手からグラウンダーのいいボールが来たところで、右か左に止める選択肢がありました。右に止めるふりをして左に持って、いいところに置けました。

それがゴールに繋がったと思います。いいところに置けたのがベストでした。

地元の伊賀は忍者で有名なので、去年それでやろうと決めていたのがあのパフォーマンスです」

忍者のパフォーマンスを出せたことに喜びを表しつつも、一方で勝利を奪えなかったことには悔しさをにじませていた。