37歳になったクリスティアーノ・ロナウド、もうすぐ35歳になるリオネル・メッシ、そして、30歳になったネイマール。

サッカー界で主役に君臨し続けてきた彼らもキャリア晩年に差し掛かろうとしている。

【動画】もう一度だけでも見たい!メッシとロナウドの仲良しシーン

この3人とともにプレーした経験を持つ選手のひとりが、ユヴェントスのブラジル代表MFアルトゥールだ。彼は『TNT Sport』のインタビューでこんな比較をしていたそう。

アルトゥール(ユヴェントスMF)

「ロナウドはサッカー選手ではなく、最強のアスリートだ。

プロ意識には驚かされたよ。ピッチ内だけでなく、ピッチ外のことでも驚かされたね。

食事に細心の注意を払っていて、毎日15分の日光浴も欠かさないんだ。さらに、周囲の人間にも注意を配っている。

よく一緒に食事をしたけれど、彼は僕らのお皿を見て、こう言うんだ。『それは食べるべきじゃない、でも、君ら次第さ』ってね」

「神がメッシを運命の人に指名したと感じる時があるんだ。

ピッチ上で信じられないことをやる。

偉大なプロであり、ハードワークをする。クリスティアーノやネイマールとは異なり、生活は控えめ。それは性格のせいかもね」

「ネイマールは天才だよ。ほとんどの人が体験しないプレッシャーにも対処できる。

純粋な才能があり、ヨーロッパに来てから大きく成長した。プレッシャーがあるほど、いいプレーをするんだ」