日本代表MFの堂安律が所属していることで知られるPSVアイントホーフェン。

【動画】堂安律が2点目を決めた!フォルトゥナ戦

現在その監督を務めているのはロジャー・シュミット氏であるが、彼は今シーズン限りでチームを離れる可能性が高いと伝えられている。

そして今回『Eindhovens Dagblad』が伝えたところによれば、その後任はあのルート・ファン・ニステルローイ氏になるとのこと。

ルート・ファン・ニステルローイ氏は現在45歳。かつてはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーでゴールを量産した伝説的ストライカーだ。

現役引退後は指導者となり、2013年からPSVアイントホーフェンのU-17でコーチに就任。さらに2018年にU-19の監督となり、長くアカデミーに関わってきた。

昨年はリザーブにあたるヨングPSVの監督に就任しており、プロ選手のコーチングも経験している。

契約はまだ結ばれていないものの、PSVはOBのレジェンドでもあるファン・ニステルローイに賭ける準備があり、最も重要な候補となっているとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら