堂安律が所属しているPSVアイントホーフェンは、「来季の監督としてルート・ファン・ニステルローイ氏と招聘した」と公式発表した。

エールディビジで現在アヤックスに次ぐ2位につけているPSVであるが、監督を務めているロジャー・シュミット氏が今季限りで退任することが決まっていた。

そしてその後任が誰になるのか注目されていたが、リザーブにあたるヨングPSVの指揮官であったルート・ファン・ニステルローイ氏が選出されることになった。

ルート・ファン・ニステルローイ氏は今年45歳。かつてはオランダ代表のエースストライカーとして活躍し、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなどでプレーした。

彼が選手として才能を開花させたのが1998~2001年に所属したPSVアイントホーフェンでのプレーで、怪我に苦しめられながらも67試合で62ゴールという記録を残している。

【動画】ファン・バステンの後を継いだストライカー、ファン・ニステルローイ。シンプルに点を取る伝説的「ワンタッチゴーラー」だった

2012年に現役を引退後はオランダ代表のアシスタントコーチを務め、その後古巣のPSVアイントホーフェンに復帰。そのユース年代で指導を行っていた。

ルート・ファン・ニステルローイ

「PSVの監督になることは常に私の夢だった。過去数年間、GMのトゥーン・ヘルブランズとともに働いてきた。プロチームのコーチになれることは確信していたが、経験を積むためにあと1年は必要だと思っていた。

しかし時には物事が予想よりうまくいくことがある。そして人生を完全に管理できないことがあると気づく。次のステップを踏み出すのに適切な時間が来た。

PSVはこの夏に新しい道を歩む準備ができている。そして私はその中で自分の役割を果たす準備ができているのだ」

ファン・ニステルローイはPSVアイントホーフェンと3年間の契約を結んだとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★