プレミアリーグ第31節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでのレスター戦に1-1で引き分けた。

ポルトガル代表のキャプテンとしてワールドカップ出場を決めたばかりのクリスティアーノ・ロナウドは欠場している。

ラルフ・ラングニック監督は試合前に『MUTV』でその理由を説明。「残念ながら、彼は昨日の練習前に風邪のような症状があり、トレーニングするのに十分な体調ではなかった。今朝、彼の自宅にドクターを派遣したが、残念なことにプレーするのには十分な体調ではなかった」と述べていたそう。

体調不良により、試合メンバーから外れていたようだ。『BBC』によれば、ユナイテッドはロナウドが欠場した7試合でいまだ未勝利だとか(6分1敗)。

【動画】37歳ロナウド、W杯出場を決めた「利他的」アシストシーン

フル出場したブルーノ・フェルナンデスは「全員が全力を尽くした。全力を賭さなかった者はいないと思う。チャンスは作ったが、最後の選択肢がベストではなかった」としつつ、4-2-3-1システムには手応えを感じていたようだ。