2月末に開幕した2022シーズンのJリーグも1か月が経過した。

この僅かな期間で早くも目覚ましい活躍を見せている選手が出ているが、際立っている一人がサンフレッチェ広島のMF藤井智也だろう。

立命館大学から加入して2年目の23歳。50m5秒台というスピードを武器に右サイドをドリブルで切り裂き続けている。

【動画】湘南戦でも魅せた藤井の“高速”ドリブル

先週末の湘南ベルマーレ戦でも、素晴らしい縦のドリブル突破からチームを今季初勝利に導くアシストを記録した。

さらに、彼についてはこんなデータも。こちらの画像をご覧いただきたい。

Jリーグの公式サイトは各選手とチームごとのトラッキングデータをランキング形式で掲載している。

その「スプリント回数」の部門において、なんと藤井は上位5つのうち3つを占めているのだ。

川崎戦で記録した50回は2位以下を大きく引き離して1位。さらにたった3人しかいない40回以上の数値を別の2試合でも叩き出している(岩崎悠人もスゴイが)。

またこの画像には含まれていないが、藤井の名前は上位20位までの中にもう1つ含まれている。開幕からの6試合で4試合が上位にランクインするとは恐れ入る。

現在、日本代表の右サイドには伊東純也が君臨しているが、彼の魅力はそのスピードと強度のあるプレーを持続的に行えるところにあるだろう。

藤井もそうした面では伊東に類似した点があり、これからに面白い存在になるかもしれない。