日本人4選手が所属するセルティックを指揮するアンジ・ポステコグルー監督。

56歳の同氏はオーストラリア代表や横浜F・マリノスを率いてきた人物だ。

『Football Scotland』によれば、マンチェスター・シティはポステコグルー監督に注目しており、才能ある監督として評価しているという。

同監督は2019年にマリノスをJ1優勝に導いているが、シティはその日本時代から指揮官を高く評価していたそう。マリノスとシティは同じ「シティ・フットボール・グループ(CFG)」に属している。

【写真】日本代表で長友の座を奪いうる「6人のJリーガー左SBたち」

ただ、ジョゼップ・グアルディオラ監督の後任として、シティの指揮官になる可能性はそれほど高くないようだ。

ローリー・スミス(New York Times記者)

「ポステコグルーがシティの仕事を得ることはないだろうが、シティでは多くの人間が彼を高く評価している。

それは監督業界でどれだけ高い評価を得ているかを物語るものだ。

彼はJリーグのCFGチームであるマリノスで働いていた。

本当に本当に優秀だと思われている。

もし、ペップが今夏か来夏に退団した場合にシティがポステコグルーを招聘するとしたら仰天だ。

ただ、彼は本当に才能ある監督だと思われている。

(シティの監督になるのは)不可能だとは言わないが、そうなったら驚くだろう」