あのサッカー情報暴露ネットワークの『Football Leaks』が、マンチェスター・シティのルール違反をリークしたという。

今回標的となったのが、マンチェスター・シティの親会社である『Infolibre』であるという。

『Football Leaks』の情報を調査している『Der Spiegel』によれば、シティが国際的なルールをいくつか破っている可能性があるとのこと。

マンチェスター・シティは、一部の未成年の選手に対して、第三者を通して金銭を支払うことで契約を結ぶよう圧力をかけた可能性がある

選手の代理人に対し、数百万ユーロの手数料を支払った可能性がある。これは当時禁止されていた

アブダビを拠点としているスポンサー企業は、契約した額の資金を支払っておらず、大部分はオーナーによって肩代わりされている

2009~2013年に監督を務めたロベルト・マンチーニ氏に対し、架空のコンサルタント契約を通じて給与のかなりの部分が不透明に支払われている可能性がある

【写真】ケインも来る?マンチェスター・シティの「高額補強TOP10」

また、マンチェスター・シティのマーケティング収入がアブダビのオーナーグループから流れている可能性があり、それはファイナンシャル・フェアプレー制度に違反しているとも。