昨年末にロナルト・クーマン監督を解任し、チャビ・エルナンデスを新指揮官に据えたバルセロナ。

新監督のもとで劇的な復調を見せていたが、ここにきて調子を落としている。

UEFAヨーロッパリーグ準々決勝でフランクフルトに敗れると、事態は暗転。本拠地カンプ・ノウでまさかの3連敗を喫した(フランクフルト、カディス、ラージョ戦)。

チャビ就任以降のバルサは32試合で17勝8分7敗(勝率53%)。一方、クーマン体制のバルサは最初の32試合で21勝5分6敗だった(勝率65%)。クーマンがチャビを上回る戦績を残しているのだ。

【動画】永遠に見納め!?メッシvs久保建英の天才バトルシーン

ただ、海外のファンは「クーマンにはメッシもグリーズマンもいた。(2人がいなくなった)今季に限れば、クーマンの勝率は38%」などと反応している。