一時はバルセロナからの退団が噂されていたウスマヌ・デンベレであるが、なんと「減給でもクラブに残る」意思を示しているようだ。

【動画】オーバメヤングとじゃんけんをするデンベレ

『Sport』の報道によれば、契約満了が近づいているウスマヌ・デンベレには多くのオファーが舞い込んでいるとのこと。

しかしながら彼が最も興味を持っている選択肢は、バルセロナに残ってチャビ・エルナンデス監督とともに戦うことであるという。

そして28日にはデンベレの代理人であるムサ・シソコがバルセロナを訪れ、首脳陣との間で契約更新の可能性について会談を行っていたそう。

デンベレには現在のものよりも高額な給与が約束されているオファーもあるという。しかし彼自身は「たとえ給料が下がったとしてもバルセロナに残ることを優先する」という意思を持っており、バルセロナとは前向きに交渉を進めたようだ。

まだ双方ともに合意には近づいていないとのことであるが、バルセロナは現在契約更新についてかなり前向きな印象を持っているそう。

契約が満了になる6月30日までは交渉が続けられるとのことだが、数ヶ月続いてきた問題は徐々に解決に近づいているようだ。