今季限りでパリ・サンジェルマンとの契約が満了になると伝えられているアンヘル・ディ・マリア。

すでにクラブとは契約に関する交渉は行われていないとのことで、夏にはほぼ間違いなく退団するだろうと予測される。

そして『Calciomercato』によれば、彼に関心を持っているクラブの一つがユヴェントスであるとのこと。

ディ・マリアの代理人を務めているジョルジュ・メンデス氏は複数のクラブに売り込みをかけているが、その一つがユヴェントスであったようだ。

ユヴェントス側も最初の売り込みからディ・マリアの獲得に関心を示し、今シーズン終了までの間にジョルジュ・メンデスと直接会談する予定だそうだ。

今年34歳になるアルゼンチン代表MFのディ・マリアであるが、パリ・サンジェルマンでは非常に重要な役割を果たしてきた。

リオネル・メッシが加入してさらにバランスが悪くなった構成の中で、なんとかチームのバランスを取って戦ってきた中心人物である。

【写真】この5年、「ユナイテッドを退団してタイトルを獲った」9名の選手

まだまだヨーロッパのトップレベルでやれる実力を維持しており、他にも多くのクラブが手を伸ばしてくると予想されている。