レアル・マドリーへのフリー移籍が噂されていたものの、PSGとの契約を2025年まで延長したキリアン・エムバペ。

ローマにキャリアを捧げた元イタリア代表フランチェスコ・トッティもレアルから誘われた経験を持つ。『RMC Sport』の番組に出演したトッティはエムバペへの支持を口にしていた。

フランチェスコ・トッティ

「嬉しいよ、あれは心の選択だからね。彼はパリで育った。

レアルを断るのは簡単ではない。20年前、自分もローマに残るためにそうした。

エムバペは若いが、正しい選択をしたよ。ルーツが何よりも大事なんだ。

彼がインテリジェンスな選手であるのと同じように、パリに残る選択をしたことは正しいと思う」

地元ローマ生まれのトッティはレアルからの誘いを断って残留を決断。パリ生まれのエムバペにも自分のルーツを大事にして欲しいと思っているようだ。

【関連】レアルが「獲得失敗した」10名の超有名選手

ただ、トッティはかつて「もし自分がレアルを選んでいれば、チャンピオンズリーグを3回優勝し、バロンドールを2度獲得していただろう」などと話したこともある。