ロマン・アブラモヴィッチ氏から新オーナーへのクラブ売却が正式に決定したチェルシー。

『90min』によれば、バルセロナとの契約が満了になるフランス代表FWウスマヌ・デンベレの獲得に自信を見せているという。

トーマス・トゥヘル監督はドルトムント時代に彼と働いた経験があり、獲得レースをリードしているとか。

一方、バルサはオファーへの返答を待っているものの、提示した金額は本人の希望とは程遠いものだそう。

PSGもオファーを送ったとされているが、新スポーツディレクターに就任予定のルイス・カンポスはデンベレとは契約しないと発言したとのこと。

【関連】最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」7選

その他ではマンチェスター・ユナイテッドも獲得に興味を示しているというが…。