かつてアトレティコ・マドリーやチェルシーで活躍したジエゴ・コスタ。

アトレチコ・ミネイロで元Jリーガーであるフッキとともにプレーした彼は現在無所属になっている。

そんなコスタはYoutubeチャンネル「Pilhado」で様々な話題について率直に語ったそう。チェルシーで同僚だったフランス代表MFエンゴロ・カンテについてはこんな話を明かしていたという。

ジエゴ・コスタ

「チェルシーで冗談交じりに裸でカンテに抱きつこうとしたんだ。

彼はシェイでね。シャワールームで裸になって『カンテ、ハグしてくれ!』と言ったら、『ダメだよ、ディエゴ』って。

彼はシャワーを浴びる時もパンツを脱がないんだ」

裸で抱きつこうとしたところ、拒否されてしまったとか。

【関連】サッカー界で最も嫌われ、最も愛される愛憎スター5人

また、シャワーを浴びる時も全裸になるところは見たことがなかったと話していたそう。