バルセロナとの契約が6月末で満了になるフランス代表FWウスマヌ・デンベレ。

バルサは契約更新を希望していたものの、『SPORT』によれば、ついに匙を投げたという。

フットボールディレクターであるマテウ・アレマニーは選手側からの回答を待ち続けることに辟易しており、今後代理人と会う予定もないとのこと。

バルサ側から何らかのアクションを起こすつもりはなく、クラブはデンベレなしで来シーズンの計画を進めているという。そのため、20歳の若手FWアブドゥサマド・エザルズーリをトップチームに入れる方針だとか。

【関連】最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」7選

デンベレはドルトムント時代の上司であるトーマス・トゥヘル監督が率いるチェルシーへの移籍に傾いているとされている。