7大会連続でワールドカップ出場を決めた日本代表。

JFAは、現代表選手たちが対談形式でワールドカップを語る映像を公開している。

今回は川島永嗣と久保建英という最年長と最年少コンビが登場。

2018年大会当時、17歳だった久保はサポートメンバーとして大会途中までチームに帯同している。コロンビアを1-2で下した初戦をスタンドで観戦した際の秘話を明かしていた(動画10分58秒から)。

久保建英

「幸先良かったっすもんね、PKで。

相手も退場したんでしたっけ、レッドで。

よかったなぁ。PKの動画持ってますもん、俺、携帯に。めちゃくちゃ撮って。

後ろにバルデラマがいて、めちゃくちゃ落ち込んでましたけどね。(PKが)決まった瞬間に」

2018年大会の初戦で激突したコロンビアと日本。開始3分でカルロス・サンチェスが一発退場になり、香川真司のPKで日本が先制するという展開だった。

久保はスタンドでその盛り上がりを見ていたというが、コロンビアのレジェンドであるカルロス・バルデラマは意気消沈していたそう。

【動画】モフモフとイケメン!バルデラマとベッカムの胸熱シーン

日本はそのコロンビア戦に1-2で勝利して勢いに乗った。今大会もドイツとの初戦が重要になる。なお、コロンビアは予選敗退となっており、今大会には出場しない。