ウズベキスタンで行われているAFC U23アジアカップ。

日本は準々決勝で韓国を0-3で撃破した。鈴木唯人(2ゴール)と細谷真大の得点でしっかりと勝ちきっている。

日本はパリ五輪を目指す21歳以下の世代を起用。韓国のスタメン平均年齢は22.27歳、日本は20.45歳と2歳ほど差があった。それだけに韓国では屈辱的な敗戦として報じられている。

『MBC』によれば、ファン・ソンホン監督は「得点力に大きな問題があった。監督として責任を感じている。応援してくれたファンたちに申し訳ない」と謝罪したという。

【動画】韓国が戦意喪失…鈴木唯人がやった衝撃ゴール

韓国が2013年に始まった同大会で準決勝に進出できないのは初めてのこと。