日本代表は14日に行われたキリンカップ決勝で、チュニジア代表に0-3で敗れた。

試合は0-0で迎えた後半にDF吉田麻也がPKを献上して先制点を許し、相手を切り崩せない中でカウンターなどから2点を失った。

試合後、オンラインでの囲み取材に応じた主将の吉田麻也は、以下のように話した。

吉田麻也(日本代表DF)

「チュニジア代表は非常に良いチームでした。

守備が固くて、ボールを持たせてもらえてましたけど、おそらくアフリカの予選でもああいうふうにブロックを固めてカウンターという戦いを武器にしてたんじゃないかなと。

前半で仕留められず、後半は苦しい…苦しいというか拮抗した展開になりましたが、あそこで我慢しなければいけなかった。

簡単なミスでの失点。もちろん僕のミスもあるし、自分たちのミスからの失点っていうのがこの4試合おそらく全ての試合に出てしまっているので。課題は明確だなと思います。

(森保)監督も言ってますけど、ビルドアップのところは絶対に必要だと思います、本戦で。持てる時間を長くしないと、守るだけでは絶対にダメなので。

そこのところでのミスをいかになくすか。一つのミスだけじゃなくて、一つミスが起きた時に2つ目、3つ目が起きないようにみんなでカバーしないといけないと思います」

PK献上に始まり、全ての失点に絡んでしまった吉田麻也。

【写真】吉田麻也を超えろ!日本代表を担うべき次世代の守備者6人

ただはっきりとしたミスだっただけにむしろ「課題は明確」と前向きに話していた。